最近買ったCD or DVD
CATEGORIES
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
<< Road to ROCK IN JAPAN FESTIVAL 準備編  その3 宿泊者編  | main | Road to ROCK IN JAPANFESTIVAL 準備編 その1 服装 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Road to ROCK IN JAPAN FESTIVAL 準備編 その2 持ち物
これは、毎年、あれもこれも!って迷うところです。とりあえず、私が今年もって行こうかなと思ってるものを並べてみようと思います。
   
必需品
チケット当たり前ですが、焦ると忘れるので。
お金再び、当たり前ですが、大金は持っていかないほうが無難。盗難の危険もあるし。あと、万札じゃなくて、1000円札に崩しておくとか、小銭ちょっと多めにとかしておくと便利です。
時計自分の見たいライブの始まり時間をちゃんと確認!入場規制がかかる場合もあるので、なるべく早めにね。
飲み物水分はこまめに取らないといけません。汗となってガンガン失われていきます。スポーツドリンク系の方がいいかも?脱水症状や日射病は怖いです。凍らせてあると尚いい。ライブ中は小さいボトルがいいかも?
テッシュ普通のテッシュとウエットテッシュ両方ですね。トイレにも、べたつく肌にもテッシュは必要なのですよ。ちなみに、トイレはちゃんとトイレットペーパーがあります。でも、念のためテッシュは持って入るべし。出来れば、水に溶けるものがいいよね。
ハンドタオルハンカチよりフェスはこっちですね。吸収力重視。
雨具どんなに晴れてても必ず持って行きましょう。100均とかでも今は売ってるしね。突然天候変わることなんてざらですから、安物でもあるとないとでは大違い。私も一度経験アリ。
防寒着薄手でいいので、長袖を。私は痛い目にあったことがあるので。恐ろしいほど急に気温が下がり、真夏なのに鳥肌が立ちました。汗をかいた後なので、風邪をひきかねません。荷物になっても絶対持って行きましょう。バスタオルも替品になるのでいいと思いますよ。
着替えのTシャツ真夏の炎天下は汗だくです。頃合を見て着替えましょう。夜になったら気温がグッと下がるので風邪ひいちゃいますよ。
日焼け止め日差しは半端じゃないです。ひどいと火傷みたいになっちゃいます。こまめに塗りましょう。
スナック菓子スナック菓子というより、塩です。汗で塩分が不足してしまうので、何らかの形で塩分補給しましょう。梅干とかでもいいかも?いや、むしろこっちの方がいいね。でも、そのまま食べるのは抵抗があるので私は手軽な方を選択します。梅干だと、ご飯欲しくなるよね。疲労回復という意味では、オレンジジュースもいいみたい。


あったほうが良い、もしくは便利なもの
レジャーシート一応、座るとこともあるけど、そんなところは座れたらラッキーくらいに思っておいた方がいいです。結構場所とるのは難しい。タイミングかな。レイクのテント下とかね。いざなれば、荷物も置いておけるしシートはあったほうがいいね。
リストバンド汗をぬぐうのには、タオルをいちいち取り出すより絶対便利。
冷却シート冷えピタシートとか熱さまシートとかです。熱出たときにおでこに貼るシートを脇に貼っておくといい感じです。そのまま、おでこに張ってる人も見かけましたけどね。スプレータイプの冷却剤もありますが、炎天下で缶を持ち歩くのは危険です。避けた方がいいでしょう。
ゴミ袋もちろん普通のスーパーの袋とかも必要ですが、45リットルとかの大型のゴミ袋もあった方が便利。突然の雨にも重宝!そのまま鞄とか入れられますからね。
携帯用座布団スポンジのちょっと固めのものです。空気入れるタイプももありますね。100円均一で売ってたので買ってみました。いらないと言えばいらないですが、便利かと。
さらさらシート汗とかべたつきを取るシートが巷では売っておるのです。普段はそんなに使わないけど、やっぱり、ウエットテッシュより、こっちの方が気持ちいいのです。さらっとするし。去年も重宝しました。
化粧崩れ直しシートこれは女子にしか関係ないでしょうが、これ意外と便利なんです。普段あまり使わないですが、化粧した上からベタベタ感が取れるので優れものです。化粧直しもこれで大丈夫。って、そんなに化粧してないんだけどね。
保冷バッククーラーボックスを持っていくのは大変なので、スーパーとかで売ってる冷食入れるようなバックでOK。私は100円均一で買いました。その中に凍らせた飲み物入れるとやはり長持ちしますよ。凍らせたドリンクが保冷剤の代わりにもなるし、飲んだら荷物減るし、一石二鳥!その中にタオルとか入れて冷やしておくのもいいですよ。
懐中電灯思った以上に夜は暗いです。小型でいいのであるといいです。私は重宝しました。
うちわやっぱり、あるのとないのでは違います。会場でも配ってたみたいですが私はもらえず。私は持って行きます。
急な体調変化はありえます。過酷な野外なので。常備薬的なものがあると便利かも?まぁ、いざとなれば救護テントがあるので、そっちに行くのが賢明ですが。
ヒエロンこれは、なくてもいいかもしれないけど、いざというときのお助けアイテムですね。袋パンチすると、中の液体と粒状の物質が化学反応起こして、冷たくなるやつです。冷たさは長続きしないけど、あの炎天下では一瞬の冷たさを求めてしまうのですよ。荷物多すぎと思う人は持っていかないでもOKです。


今思いつく限りを並べただけなので、足りないものもあるかと思いますが、またそれは追加していこうと思います。ちなみに、タイムテーブルとか、会場の地図は当日もらえます。首からかけるスタイルになってます。だから用意は無用です。
あと、携帯を私は入れませんでしたが、携帯は繋がらないと思っててください。でも、だいぶ改善されて、去年は結構繋がりましたが。何年か前がひどかったんですよね。メールを入れても1時間後とかにやっと届く感じで役に立ちませんでした。まぁ、おそらく今年は過去最高の動員になるでしょうから、待ち合わせ等は事前に打ち合わせをしておいた方がいいです。持って行っても携帯にはなるべく頼らない方が賢明です。 
| Road to ROCK IN JAPN FESTIVAL | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kajii-lemon.jugem.jp/trackback/8
トラックバック