最近買ったCD or DVD
CATEGORIES
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
<< 仙台へ その2 | main | ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006 その1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■2006年上半期 MUSIC LIFE!
すみません。もの凄く、もの凄く遅いですが、こっそりUPさせていただきます。
pingさんのブログ、++黄昏メルトダウン++の恒例企画、■2006年上半期 MUSIC LIFE!に回答したいと思います!
私は、いつもさくさく答えられない人間で、書いては時間を置き、また書いては時間を置き、って感じで時間が恐ろしく過ぎてしまうんですよ。去年は、あまりにも時間がかかりすぎて秋になったので断念しましたが、今年は遅いけど、まだ夏なのでUPしました。(笑)pingさん遅くてごめんなさい。
では、どうぞ!

■2006年上半期 MUSIC LIFE!

01.あなたのお名前と日記(ブログ)名、浴衣が似合うと思うアーティストを一人紹介してください。
(回答者一覧にリンク可能な場合は「回答リンクok」とお書きください)


梶井檸檬です。梶井檸檬のタナツカand moreというブログです。主に音楽がらみのデータをUPしています。
日記は、別に書いています。リンクOKなので、トラックバックしてしまいました。(ちなみに日記は、梶井檸檬の、のほほーん日記というタイトルでやってます。)
浴衣が似合うアーティストは、うーん瞬時には思いつかないかったですが、バインの田中君が、以前、音楽と人かなにかの表紙になった時、浴衣で、とてもいい感じでした。着慣れてないぎこちない感じが色っぽかったです。あとは、チバユウスケに着て欲しいかな。長髪は不可で。和服の似合う男にはぐっときます。かっこよさ1.5倍みたいな気がします。個人的趣味ですが。

02.あなたの持っている全ての音楽環境(PC/コンポ/携帯/各種オーディオプレイヤー他)、主にどうやって音楽を聴くかを教えてください。

主に最近はiPod(第4世代の40G)が多いかな?PCで聴くときはiTunesで聴いてます。あとはCDラジカセですね。

03.今年上半期にどのくらい音源(アルバム/シングル/DVD/R・デモテなどの音源含む・新品中古は問わず)を購入しましたか。また、友人に借りる・レンタル、WEBダウンロードなどされましたらその類もお願いします。

シングル11枚、アルバム(ミニアルバム含む)19枚、DVD3枚だと思います。記録がもれてる可能性もあるので、おおよそですが。これは多いのか少ないのか?とにかく欲しい音源を買っています。これらのためにお昼ごはんのグレードがはてしなく下がることもしばしばです。会社の方には、すっかりジャンクフード好きだと思われてます。
借りたものはないです。WEBのダウンロードはiTunes Music Storeで1曲だけ。
ホルモンvs10FEETのライブから帰って、「ビタミン7」をダウンロードしちゃいました。すぐ聴きたかったんだもん。
ウーロン茶で当てた、1曲分のダウンロード権があったので、お金はかかっていないんですけどね。
基本はCDを買うのですが、こういう衝動的な欲求に応えてくれるのはWEBダウンロードの強みですね。
でも、やっぱり、CDをこの手にとって、ジャケットなども含めて一つの作品として考えたいです。なんだかデータだけだとしょんぼりです。

04.今年上半期に発売され聴いた中でのアルバム/シングルの各BEST3を教えてください。

ALBUM
BOOM BOOM SATELLITES 「ON」
キャプテンストライダム 「108DREAMS」
peridots 「PERIDOTS」

SINGLE
BEAT CRUSADERS 「Day After Day / Solitaire」
チャットモンチー「恋の煙」
ストレイテナー「Melodic Storm」

なんだかバラバラですね。
アルバムに関しては、テナーとかアジカンもあげたい気持ちはありますが、衝撃とリピート率を考慮して決めました。ちょっと時間が経てば、多少変化はあるかもしれないけれど。こういうのはどうしても優柔不断になっちゃうんだよなぁ〜
ブンブンは、おそらく年末のMUSIC AWARDにもエントリーされると思います。このアルバムは、かなり凄いことになってますからね〜踊りたい人なら聴くべきです。歌詞を読むと、乙女座心に火をつけるんだよね。ふふふっ。
キャプストは、2月リリースとあって、リピート回数が非常に多いです。シングルが4曲も入っているので、キャプストを聴き始めた人にもお勧めです。やっぱり、「マウンテン・ア・ゴーゴーツー」より、「マウンテン・ア・ゴーゴー」が好きだなぁ〜と改めて思いました。♪ランランランスがホームランには、かなうまい。あと、バンド的にも苦悩を乗り越えて、次のステージへ!みたいな感じが、なんとなくだけど感じられるのですよ。それもまた、ファンとしては嬉しいのです。
peridotsは、衝撃度なら一番だろうなぁ〜なんなんだこの声!ヤバ過ぎる。九州の方ならバリヤバ!というんだろうなぁ〜素晴らしい声です。曲も美しいんだな。歌詞はけっこう毒っ気がありますけどね。そこもまたいいのですよ。色っぽさももっていて、人々を魅了どころか虜にしてる感じがします。

シングルはですね、ビークルが一番ぐっときたかな。もっというと、この後に出たミニアルバムもいいんだけど、私はやっぱり「Day After Day 」が一番です。まぁ、「Solitaire」もいいんですけどね。
こんなにPOPなのに歌詞はシリアスで、でもそこに救いがあるのですよ。個人的には、この曲にちょっと救われた気がしてます。この曲に泣かされたもん。あったかい涙がポロポロ落ちてゆきました。普段、あんなに下ネタばっかなのにさ、こんな曲作っちゃってずるいよ!
チャットモンチーの「恋の煙」は、まず女の子のえげつないところをどかんと出してるところが、ロックだなと思いました。「当たりくじだけのくじ引きがしたい」って、すげぇ!って思いました。しゃべってると、かわいい感じの女の子三人組なのに、演奏始まると、惹きつけられます。早くライブが見てみたいバンドです。(一応、NANO MUGENでそれは叶う予定です。)ブレイクのところが、凄くドキッとしていい感じです。
テナーは、凄く光がさしている曲だなぁ〜と思います。この曲を聴いていると、ふわっと自分の表情も明るくなっていく気がしています。力強いんだけど、ふわっとしたぬくもりみたいなものがあるんですよ。優しい嵐の後の、世界は余計なものが取っ払われて、澄んだ空気が漂ってるんだよなぁ〜そこでニコニコしてる自分がいるなんて素敵です。POPですよね〜こういう一面もテナーにあるなんて嬉しくなった1曲です。

05.今年上半期に初めて出会った音やアーティストなどがおりましたら、出会うきっかけも含めて教えてください。

チャットモンチーですね。
大ファンである、いしわたり淳治さんがプロデュースしてたので、名前だけは、もっと前から知ってたんですが、音を聴く機会がなくて、スペシャかなにかで、ふと耳にした「恋の煙」にひきつけられ、とても興味を持っています。こういう無防備なところへ、がっつり入り込んでくる音楽は、とても引力があります。逆に言うと、そういう力がないと入り込んではこられないんだよね〜
アルバムも買ってしまいました。これがまたいいんですよね〜ライブを見た事がないので、楽しみにしています。

06.今年上半期にどのくらいライブ・コンサートに行きましたか。数が多い方は、一番通った場所と回数、多く観たアーティストBEST3を教えてください。
ライブは28回、一番通ったのは、SHIBUYA AX 5回でした。
多く見たアーティストベスト3は、
1位 ELLEGARDEN 3回
1位 peridots 3回
3位 2回は多すぎるので割愛させていただきます。

ライブを押さえたので、少ないです。エルレはなんとなくそんな気がしたけど、peridotsが3回も見ていたなんてびっくりです。
エルレとペリドッツは音楽的に言えば反対な感じだけど、どっちも好きなんだよねぇ〜よく、幅が広すぎるとか言われたりしますが、好きだから仕方ないんだよね。好きって理屈じゃないしね。

07.今年上半期に観たライブ・コンサートBEST3を教えてください。
・3/11 MO'SOME TONEBENDER @SHIBUYA AX
・4/8 東京事変@鎌倉芸術館
・6/8  BOOM BOOM SATELLITES@SHIBUYA O-EAST

モーサムは、橋本塁さんのイベント(エルレとかテナーとかかなり豪華なイベント)に後ろ髪ひかれつつ行ったわけですが、もう、私はここにいてよかったと思いました。まぁ、橋本塁さんのイベントに行っててもそう思ったかもしれないけれど。もの凄く良かったです。モーサムは、なんでこんなにかっこいいんだ?と何度も何度も思いました。最高なライブのあと、アンコールで、何年かぶりで「echo」が聴けて泣きました。素晴らしいライブでした。
東京事変は、椎名林檎が歌っているのを生で聴いたことがなかったので、まずそれが楽しみで、ソロからバンドになってどんな感じになったのか?も楽しみでした。最初から最後まで、徹底的にエンターテナーで驚いたし、とことん楽しみました。プロ根性ってやつを見た気がします。

ブンブンは、楽しかった。いいライブ見せていただきました。爽快でした。ステージ上にいる彼らが笑っていたのが印象的です。シャープでクールでかっちょいいって感じの彼らが存分に楽しんでるんだなって思うと、嬉しいではないですか!最近のブンブンって、ライブが楽しくて仕方ないんだろうなぁ〜無邪気なブンブンも大好きです。

08.今年上半期に観たライブ・コンサートで良くなかったものがありましたら教えてください。

3/3 ELLEGARDEN@ZEPP TOKYO
これは、メンバーではなく、オーディエンスに対して腹が立ちました。
ZEPPからの帰り道は、怒り半分、悲しさ半分で本当に不快でした。
なんでライブを楽しむ為に、ちょっとしたルールを守ることができないのか?私には理解できません。こんな状態が続くなら、いくらメンバーがいい曲を書いたって、いいライブになるはずがない。そんな思いを何度もするくらいなら、行きたくないとさえ思ってしまいます。エスカレートしたら、彼らだって、ライブをする気もなくなってしまうかもよ?
きつい言い方をすると、これはメンバーに対して、裏切りの行為ではないかと思うのです。もうちょっと考えて行動して欲しいです。メンバーが過保護なまでに、色々とライブに対して気を配ってくれてるじゃない。それに反してるってことがどういうことなのか、よく考えた方がいいと思います。学生だからとか大人だからとかじゃなくて、一音楽ファンとして考えるべきだと思います。
って、考えてたらこんな状況じゃないわけで、どうしたらこの状況が打開できるのか本気で知りたいです。自覚がないっていうのが一番厄介なんだよなぁ。

09.今年上半期に観たPV(プロモーションビデオ)で良かったものはありますか?

BOOM BOOM SATELLITES「PILL」
よかったというか、面白かったです。これ、ブンブンのお二人は出てきません。謎のバンドがこの曲を演奏してます。時々、セクシーねーちゃんが出てきますが、基本的には演奏シーンのみ。初めて見た人は、あの人たちがブンブンだと思うんだろうなぁ〜それがなんだか面白かったです。
これ、なんでこんな風になったかというと、ブンブンが忙しかったので、メンバー抜きでPVを作らなきゃいけなくて、こんな風になったらしいです。でも、結局心配で、PV製作の現場にいたらしいので、あまりメンバーが出てこなかった意味がない気もするけどね。

10.今年上半期に印象に残っている音楽関連の記事(WEB、雑誌含む)・写真・フライヤー等があれば教えてください。

某所のブログに載っていた、ホリエテナーの花見の写真がとても好きでした。
笑顔全開で、無邪気に笑うホリエテナーにキュンときました。無防備な感じが素敵すぎます。しかも、手に持っていたのは、使い捨てのカメラ。このアナログ感もたまりません。
皆様ご存知、某pさんの日記か何かを拝見していて知ったのでした。すみません、私はホリエ派でーす♪ZEPP NAGOYAで遭遇してから(エルレのワンマンで、5メートル離れてないところにいるのを発見して、その時の貴公子スマイルにやられた。)、もう抜け出せないらしいです。

11.ライブ・コンサートで、「出演アーティスト以外」のバンドTシャツ(イベントTシャツも含む)を着ている、リストバンド・タオルを身に着けている人についてどう思いますか。また、そのような行動をしたことがありますか。

考え方が色々だと思いますが、私個人としては、一応そのイベントなりワンマンなりにちなんだTシャツを着ます。そういうTシャツを持ってなかったら、全く関係ないTシャツを着るなり、服を着ます。例えば、POOHさんのTシャツとかね。極論、何着ようが自由なわけですが、そのイベント主催者や、出演者に敬意は払いたいです。まぁ、微々たるものかもしれないけど、だから関係のあるものを着ます。私なりの気持ちの伝達手段です。とは言え、人はそれを敬意とは思ってないかもしれないけどさ。自分の中ではそういうことになっているのです。
この前も、テナーのCOASTでエルレのTシャツをわんさか見ましたが、いくらバンド同士仲がいいとは言え、あえてエルレのTシャツ着なくてもいいんじゃないの?って思ってしまいました。そんな私は、全く関係のないボーダーのTシャツでしたが。何気にテナーのTシャツ持ってなかったのよね〜あんないいライブ見たんだもん。テナーのTシャツ着ていたかったなと思いましたよ。まぁ、好みじゃないとTシャツは買わない主義なので、持ってないのも仕方ないと言えば仕方ないのですが。
こんな風に言っておいてなんですが、リストバンドとかタオルは時々持っていくことがあります。小物自体、そんなに持ち込まないんだけれど、持っていくのはミッシェルのタオルやリストバンド。なんだかね、ライブのお守りみたいなものなんですよ。LAST HEAVENの時のやつんだけどね。解散なのに、あんなに清々しいライブってなかったし、心底楽しいと思えたライブもなかったから。もちろん終わった後の喪失感と言うか虚脱感はもの凄かったけどね。未だにDVDも見れないしね。

12.日々音楽を聴いていて、この曲は来世紀に残したい、次の世代にも聞かせたい、と思う曲を5つあげてください。

「望みの彼方」 GRAPEVINE
「Make A Wish」 ELLEGARDEN
「世界の終わり」 Thee Michelle Gun Elephant
「Reborn」 Syrup16g
「ワールズエンド・スーパーノヴァ」 くるり

キーワードは絶望と希望でしょうか。表裏一体で存在するともいえる望みを忘れないで欲しいと想い挙げました。もちろん私も忘れないでいたいと思います。
絶望も希望も知ってる人は、きっと人にも優しくなれると思うのです。そして、自分にも優しくなれるはず。自分の悲鳴にも気付いてあげなくちゃね。それは大切だと思うから。自分がひ弱なままでは、誰かを助けることなんてできないでしょ。

13.今年の夏フェスに参加される方はイベント名をあげてください。

NANO MUGEN FES 
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006 
私の夏は終わりました。切ないね〜また来年。晩夏の切なさに耐えたら、冬のカウントダウンが待っている!もうチケット買ってしまいました。えへへ♪

14.夏フェスに参加する際に、自分で気をつけていることなどはありますか?(体力温存、軽装など)

無理をしない!これが一番かと。水分補給はこまめにね!
そして、余計なことを考えず、思い切り楽しむこと!

15.今年上半期の音楽生活を振り返ってみて、何か思い出がありましたら教えてください。また、下半期に向けての抱負をどうぞ。

アジカンのコーストに行けなかったのは、本当に悔しかったです。仕事だから仕方ないですが・・・私がチケットを取れなかったことを知って、それを気にかけて下さった方が、全然知らない私のために譲ってくださった大切なチケットでした。だからこそ、ちゃんと見てお礼を言いたかった。お礼がお詫びになってしまって、申し訳なかったです。こういう気持ちのこもったチケットは、自力で取ったチケットより大切なんですよ。
仕事でいけなかったけど、本来なら行けたはずだったのですよ。仕事のことも色々考えさせられたことでした。
ライブを減らすという抱負は、まだ生きている!頑張る!でも、見たいライブは見たいので、どうなることやら・・・

そんなところでしょうか。年末も回答するのが楽しみです。pingさんもお忙しいとは思いますが、全国のミュージックフリークは気合を入れて回答いたしますので、質問よろしくお願いいたします♪
| 企画物 | 20:44 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 20:44 | - | - |
コメント
会社よりお邪魔します(笑)

すごいっすね…上半期を振り返っている間に、年末になっちゃいそうです、あたしの場合(笑)

なるほど、と思ったのは、ライヴでのTシャツの件と、エルレのライヴの件。

マナーについては、今の社会の縮図が見える…というと、ちょっと大げさかもしれませんが(苦笑)いつでも考えさせられるコトですよね。

Tシャツはね、凄く判る!(笑)
不思議と、アジカンやテナーのライヴで、エルレのシャツ着てくる人多いんですよね…逆に、エルレの時はアジカンやテナーのシャツを、それほど見ないような気がするんだけど。
実際、ゴッチがテナーのシャツ着てライヴやったりとかしてたけど、それとこれとはねえ…(苦笑)

あたしも、そのアーティストにゆかりのあるシャツや、普通の?服着たりしますね。
あとはエゾTシャツとか、逆に全く関係ないoasisとか(笑)一応考えるかな。

ま、時々トライセラのライヴにミッシェルシャツとか…「え??何で!??」ってコトもあると、それはそれで面白いんですけど(笑)

長文コメント、失礼しました(笑)
| だるだる星人@会社 | 2006/08/14 10:39 AM |
だるだるさん、コメントありがとうございます。
エルレのライブマナーは、本当に難しいですね。
私はダイブとかモッシュをしない人間なので、音楽をもっと楽しむためにも、できればやめてもらいたいとさえ思うのですが、それはエゴで、でも、やってる人間もやってるからにはもっと責任をもってやって欲しいんですよね。自分の快楽だけに走ってる人が凄く多いので。危険と隣り合わせであることももっと認識して欲しいです。ライブ自体を壊す危険性もあるってことも認識して欲しい。サマソニも色々問題あったみたいですし。
自由は何でもやっていいことなんだと、はきちがえてる人が多いのかな?残念でなりません。

Tシャツは、極論なんでもいいのかもしれないけれど、でもねぇ〜もうちょい気を使おうよ!って思います。
エルレTが多すぎです。本当にテナーがなんだかわいそうでした。ゴッチ殿が着るのとは違いますよねぇ〜あのお方、ハスキンとかもよく着てますよね〜
そんなに着たいなら、ライブとか関係なく普段着ればいいのにって思います。
そんな私は今日は、ミッシェルT。えへへ〜
| 梶井檸檬 | 2006/08/15 8:46 PM |
コメントする