最近買ったCD or DVD
CATEGORIES
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Road to ROCK IN JAPAN FESTIVAL はじめに
やってきましたフェスの季節が。最近どんどん色んな嬉しいニュースが飛び込んできますが、そのフェスを存分に楽しむためにフェスの記録をつけておこうかなと思い、始めてしまいました「フェスへの道」。もう、ベタベタなタイトルですが、お許しあれ。だって思いつかなかったんだもん。
ここに書くのは、私が行くROCK'IN JAPAN FESTIVALについてです。本当は他のフェスも行きたいんですが、ジャパンフェスしか行った事ないので。本当は、FUJIもエゾも行きたいさ。でもね、お金も時間もないのよね〜まぁ、今年はサマソニに行くことになりましたけどね。一日だけどね。進歩だ!
JAPANは今年で5度目の参戦です。ジャパンに関してはベテランさんの仲間入りだと思います。だからこそ、書けることってあるはずなんですよ。毎年ああすればよかったとか出てきますから。まぁ、そんなことも絡めつつ、書いていこうかなと思ってます。

JAPANフェス決定が報じられたのは今年の12月のカウントダウンの時でしたね。私は、今年初めて冬フェスに参戦しました。冬フェスと夏フェスは大部趣が違うので、まぁ、楽しいんですけど両方とも。ワインで酔っ払いながらZAZENを見てましたね。アヒトさん最後だったんだよね〜
まぁ、夏フェスが当然開催されるでしょうってことは思ってましたが、正式発表が出てほっとしました。場所もお馴染み国営ひたちなか海浜公園。このJAPAN FESは、3年前、初めて、フェスなのにソールドアウトが出た歴史に名を残すフェスなのです。これって異常ですよ。フェスでですよ。普通はそんなことありえないのに。だから私は、ギリギリに買うつもりでいたので、ソールドアウトの知らせにかなり慌てました。まぁ、結果的には駈けずり回ってチケットを手にしたんですけどね。それ以降、ソールドアウトが普通に出るようになって、ビビってますけどね。買いそびれるなんてことがないようにしますけど。今年なんて、先行予約とか先行販売の段階から予定枚数終了を言われてるので、過去最高の売れ行きとなるんでしょうね。当日券も出ないと最初からアナウンスされているし。
 
フェスって、初めてだと、結構不安だったりすると思います。私の経験と知識を書いておきます。まぁ、それほど凄いものじゃないけど、役に立つ人がいれば、幸いです。私自身も、あれ?どうしたんだっけ?ってことが沢山あるので、復習用にもなってるんですけどね。
あくまでも、私の個人的な考えなので、そりゃ違うだろ!って思う方もいるかと思いますが、まぁ、それはご意見なりご指摘なりしていてだけると幸いです。
 

その1 フェスの準備

その2 タイムテーブルを検討しよう。

その3 フェスの気になること色々 Q&A

その4 フェス直前

こんな感じで書いていきたいと思います。


多くの人が、フェスを楽しめますように、若輩者ながら、それに少しでも貢献できたら嬉しく思います。
| Road to ROCK IN JAPN FESTIVAL | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Road to ROCK IN JAPANFESTIVAL 準備編 その1 服装
さて、フェスが近づいてきました。準備をしなくてはなりません。私はフェスは今年で5回目ですが、行く度にいろいろ反省や発見があります。とりあえず、今年はこうしようかなというのを書いておこうと思います。来年への反省材料にもなるしね。まぁ、誰かの参考になるなら幸いでございます。

その1 服装
その2 持ち物
その3 宿泊者編
その4 日帰りさん編
その5 私の失敗を語る

にわけてお届けします。まぁ、時間のあるときにでもご覧くださいまし。

その1 服装
これは、基本的には普段のライブに行くときの服装。って言っても個人差がありますが、私は、フェスにはこんな感じで行きます。
服→Tシャツ、ジーンズ
靴→スニーカー(履き慣れたもの)

そして、これに帽子とサングラス(してない方が多かったけど、あったほうがいい)、首にはタオルをかけたスタイルでライブ参戦いたします。とてもかっこいいスタイルではないですが、むしろダサダサなスタイルです。でも、かっこよさを求める場所じゃないと思うので、私はライブを十二分に楽しめる選択をします。
絶対やっちゃいけないのは、サンダルで行くこと。特に女の子はやりそうな人いますよね。ヒール高いサンダルとか。フェスをなめちゃいけません。朝から晩までフェスなのです。足も疲れるし、ヒールの高い靴は周りの人にも危険を及ぼします。スタンディングゾーン、ましてやモッシュピットなんかならなおさらです。絶対やめましょう。はっきり言って迷惑です。
| Road to ROCK IN JAPN FESTIVAL | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Road to ROCK IN JAPAN FESTIVAL 準備編 その2 持ち物
これは、毎年、あれもこれも!って迷うところです。とりあえず、私が今年もって行こうかなと思ってるものを並べてみようと思います。
   
必需品
チケット当たり前ですが、焦ると忘れるので。
お金再び、当たり前ですが、大金は持っていかないほうが無難。盗難の危険もあるし。あと、万札じゃなくて、1000円札に崩しておくとか、小銭ちょっと多めにとかしておくと便利です。
時計自分の見たいライブの始まり時間をちゃんと確認!入場規制がかかる場合もあるので、なるべく早めにね。
飲み物水分はこまめに取らないといけません。汗となってガンガン失われていきます。スポーツドリンク系の方がいいかも?脱水症状や日射病は怖いです。凍らせてあると尚いい。ライブ中は小さいボトルがいいかも?
テッシュ普通のテッシュとウエットテッシュ両方ですね。トイレにも、べたつく肌にもテッシュは必要なのですよ。ちなみに、トイレはちゃんとトイレットペーパーがあります。でも、念のためテッシュは持って入るべし。出来れば、水に溶けるものがいいよね。
ハンドタオルハンカチよりフェスはこっちですね。吸収力重視。
雨具どんなに晴れてても必ず持って行きましょう。100均とかでも今は売ってるしね。突然天候変わることなんてざらですから、安物でもあるとないとでは大違い。私も一度経験アリ。
防寒着薄手でいいので、長袖を。私は痛い目にあったことがあるので。恐ろしいほど急に気温が下がり、真夏なのに鳥肌が立ちました。汗をかいた後なので、風邪をひきかねません。荷物になっても絶対持って行きましょう。バスタオルも替品になるのでいいと思いますよ。
着替えのTシャツ真夏の炎天下は汗だくです。頃合を見て着替えましょう。夜になったら気温がグッと下がるので風邪ひいちゃいますよ。
日焼け止め日差しは半端じゃないです。ひどいと火傷みたいになっちゃいます。こまめに塗りましょう。
スナック菓子スナック菓子というより、塩です。汗で塩分が不足してしまうので、何らかの形で塩分補給しましょう。梅干とかでもいいかも?いや、むしろこっちの方がいいね。でも、そのまま食べるのは抵抗があるので私は手軽な方を選択します。梅干だと、ご飯欲しくなるよね。疲労回復という意味では、オレンジジュースもいいみたい。


あったほうが良い、もしくは便利なもの
レジャーシート一応、座るとこともあるけど、そんなところは座れたらラッキーくらいに思っておいた方がいいです。結構場所とるのは難しい。タイミングかな。レイクのテント下とかね。いざなれば、荷物も置いておけるしシートはあったほうがいいね。
リストバンド汗をぬぐうのには、タオルをいちいち取り出すより絶対便利。
冷却シート冷えピタシートとか熱さまシートとかです。熱出たときにおでこに貼るシートを脇に貼っておくといい感じです。そのまま、おでこに張ってる人も見かけましたけどね。スプレータイプの冷却剤もありますが、炎天下で缶を持ち歩くのは危険です。避けた方がいいでしょう。
ゴミ袋もちろん普通のスーパーの袋とかも必要ですが、45リットルとかの大型のゴミ袋もあった方が便利。突然の雨にも重宝!そのまま鞄とか入れられますからね。
携帯用座布団スポンジのちょっと固めのものです。空気入れるタイプももありますね。100円均一で売ってたので買ってみました。いらないと言えばいらないですが、便利かと。
さらさらシート汗とかべたつきを取るシートが巷では売っておるのです。普段はそんなに使わないけど、やっぱり、ウエットテッシュより、こっちの方が気持ちいいのです。さらっとするし。去年も重宝しました。
化粧崩れ直しシートこれは女子にしか関係ないでしょうが、これ意外と便利なんです。普段あまり使わないですが、化粧した上からベタベタ感が取れるので優れものです。化粧直しもこれで大丈夫。って、そんなに化粧してないんだけどね。
保冷バッククーラーボックスを持っていくのは大変なので、スーパーとかで売ってる冷食入れるようなバックでOK。私は100円均一で買いました。その中に凍らせた飲み物入れるとやはり長持ちしますよ。凍らせたドリンクが保冷剤の代わりにもなるし、飲んだら荷物減るし、一石二鳥!その中にタオルとか入れて冷やしておくのもいいですよ。
懐中電灯思った以上に夜は暗いです。小型でいいのであるといいです。私は重宝しました。
うちわやっぱり、あるのとないのでは違います。会場でも配ってたみたいですが私はもらえず。私は持って行きます。
急な体調変化はありえます。過酷な野外なので。常備薬的なものがあると便利かも?まぁ、いざとなれば救護テントがあるので、そっちに行くのが賢明ですが。
ヒエロンこれは、なくてもいいかもしれないけど、いざというときのお助けアイテムですね。袋パンチすると、中の液体と粒状の物質が化学反応起こして、冷たくなるやつです。冷たさは長続きしないけど、あの炎天下では一瞬の冷たさを求めてしまうのですよ。荷物多すぎと思う人は持っていかないでもOKです。


今思いつく限りを並べただけなので、足りないものもあるかと思いますが、またそれは追加していこうと思います。ちなみに、タイムテーブルとか、会場の地図は当日もらえます。首からかけるスタイルになってます。だから用意は無用です。
あと、携帯を私は入れませんでしたが、携帯は繋がらないと思っててください。でも、だいぶ改善されて、去年は結構繋がりましたが。何年か前がひどかったんですよね。メールを入れても1時間後とかにやっと届く感じで役に立ちませんでした。まぁ、おそらく今年は過去最高の動員になるでしょうから、待ち合わせ等は事前に打ち合わせをしておいた方がいいです。持って行っても携帯にはなるべく頼らない方が賢明です。 
| Road to ROCK IN JAPN FESTIVAL | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Road to ROCK IN JAPAN FESTIVAL 準備編  その3 宿泊者編 
実は、3年前は宿争奪戦に敗れて、2日間日帰りでした。これはできれば避けたいところです。まぁ、その教訓をいかし、その後はは大丈夫ですが。フェスを楽しみたいなら、お金がかかっても体の疲れはちゃんと取るべきです。去年、前乗りで行ってみたんですが、なかなかいい感じですよ。十分に睡眠をとるというのは、必要だなと思いました。もう、500円玉貯金とかして頑張り中ですよ。地味でもこつこつと。こういうのって、私には必要経費です。
フェスに荷物を持っていくのはなかなか不便なので、2年前は事前に宅急便で送りました。そういうのもOKとホテル側も言っていたので。去年は前乗りするので送りませんでしたが。(ちなみに、帰りも送りました。クローゼットに預けることを考えれば似たようなものなので。)で、一応、お泊りグッツというか泊まりならではの持ち物を書こうかなと思います。とりあえず、ホテルの備品は何があるか確認することが大切です。

お泊り用品&便利グッツ
着替えTシャツもジーンズも持って行きます。ホテルで洗濯は難しいと思うので。乾かない可能性が高いですから。ちなみに、私が泊まったホテルでは洗濯はできましたが、洗濯機争奪戦が激しく、一部の人しか使えなかったです。
足の疲れを取るシートこれを貼ると、足の疲れの取れ具合が全然違います。私は休足時間を持っていく予定。ふくらはぎとか、つちふまずとかに貼ると効果あるんです。
入浴剤シャワーで済ませることが多い夏ですが、こういうときこそちゃんと湯船に入って疲れを取りましょう。フェスに限らず、ホテルに泊まるときは私はいつも持って行きます。バブとかいいかも?
使い捨てスポンジホテルによっては備え付けがありますが、ない場合が多いので持って行きます。ちなみに、去年のホテルはありました。
スキンケア用品普段の化粧水とか乳液とかも必要ですが、肌は夜になっても火照っています。だから、日焼け用のアフターローション的なものがあるといいと思います。日焼けに弱い人は特に。私もその一人なので。ケアは面倒ですが重要です。あとで、痛い目にあいますからね。私は、プルプルした顔に貼るシートも持っていこうかなと思ってます。あれ、気持ちいいのですよ。おすすめ!


私はいつも水戸に泊まってるのですが、まぁ、駅前周辺はお店も多いし、困ることはまずないでしょう。コンビにもあるしね。ライブが終わって帰ってくると大体21時過ぎくらいかな?会場から30分くらいでついた記憶があります。会場から、水戸駅行きのバスも出てるのでご心配なく。当日その場で切符も買えます。
ご飯もちゃんと食べて次の日を迎えた方がいいと思います。帰ってくると、食べ物屋はちょこちょことしか開いてないかも?会場で食べちゃうか、コンビニとかで買うかになりますね。朝ごはんもしっかりと。私はホテルの朝ごはんを食べましたが(オプションだったのですが、つけてみました。朝食つきって所もあるよね)、あまりおいしくなかったので、今年はコンビニかどっかで買うか、スタバとかファーストフードのモーニングで済まそうかと。理想的には、しっかりと食べた方がいいので、ホテルの朝ごはんがいいんですけどね。今、バイキングが多いので、サラダとかも果物とかも食べられるしね。
| Road to ROCK IN JAPN FESTIVAL | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Road to ROCK IN JAPAN FESTIVAL 準備編  その4 日帰りさん編 
日帰りさんには、地元民とそうでない人がいると思うのですが、地元民はここでは除外。気をつけてお帰りいただければそれでOK。ライブは家に帰るまでがライブなんですから。(って、ずっと前にライブでバインの亀ちゃんが言ってたよ。)問題なのは、地元民じゃない人ですよ。地元民じゃないのに日帰りだったので、横浜あたりってかなり遠い方だと思うのですが、日帰りで横浜を基準に話を進めていきます。
日帰りだったら、オフィシャルのバスツアーは便利だと思います。地元に近い駅から会場まで連れてってくれるので。その代わり朝が早いので、覚悟してください。でも、一番楽かと思います。
これを利用しないとあとは、東京駅から出るJRのバス。これも臨時で会場まで連れて行ってくれるバスがあります。これも便利。このバスの利点は、片道のみの利用が出来ること。オフィシャルのバスツアーだと、往復しか販売してないです。宿泊する場合は、このバスを利用できませんが、JRだったら、とりあえず東京駅までは送り届けてくれるのです。ライブが終わった直後で、恐ろしく疲れたところで、電車に揺られるのは、乗り過ごすとか座れるか否かの心配がありますが、バスツアーなら、確実に座れるしいいですよ。時間の早さでは、電車を使った方がいいのかもしれないですが、乗換えや特急に乗れば、特急料金とられるし、電車はあまりおすすめではないです。
日帰りとは言え、こちらもチケットは完売してしまうので、早めのご購入を。当日買えるわけではないので。JTBとかJRのびゅうプラザに行けば買えます。でも、去年、今年とJTBのみになりましたね。JRはなんだか東京駅の工事してるようなので。
まだだいじょうぶだろ?と思う頃には遅いかも?こういうのは、先手先手を打たないとダメです。
| Road to ROCK IN JAPN FESTIVAL | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Road to ROCK IN JAPAN FESTIVAL 準備編  その5 私の失敗を語る
3年前のJAPANフェスですよ。私はダブルで失敗しました。まず、一番重要なチケットが買えなかった。これは痛い。フェスにいけないってことなんだから。フェスで完売ってどうなのさ!って腹さえ立ちました。多分、JAPAN側も想像もしてなかったんじゃないの?これを皮切りに、FUJIとかまで売り切れるようになったしね。まぁ、このときは、必死になって探したら、残ってるところがあって、何とかなりましたが、完売を聞いたときは愕然としましたね。だから、一番手堅く行くなら、先行をおすすめします。JAPANとかでは必ず先行やってるし。これだと確実です。ディスクガレージとかでもやってますから。ただ、一般でも何とかなります。発売日当日には完売するってことはまずないし。私の場合、買うのが一番最後の状態だったので。JAPANフェスで一番完売しそうなのが2日目です。土曜は、社会人も参戦組みが増えるし、日帰り組みも一番参戦しやすいですから。次の日休めるので。だから、土曜に焦点絞ってる人は出来れば先行で、ダメでも一般の早い段階でチケ取りしましょう。

次に何度か書いてますが、宿が取れなかった。これも、のんびりしてたんだよね。あっと言う間になくなります。面子が出ないと行くか行かないかわからないのに取れないよって思うだろうけど、漠然とでも行こうかなぁ〜と思ってたら予約は取っておいたほうがいい!第一弾出る頃には結構予約してる人も多いです。第一弾が出ると、ぶぁ〜っとみんな予約に走ります。取れなかったときには、本当に色々と調べて連絡とってみましたが、ダメでした。あっても、車じゃないといけなかったりするところは無理でしたから。とにかく予約をすすめます。行く人が決まってなくても、シングル2部屋とればいいじゃないですか。取れないよりはましでしょう。キャンセル料は取られる所は一ヶ月切った頃からなので、とにかく現段階では予約です。キャンセル料については、宿側にちゃんと確認とってくださいね。
私が予約したホテルは、3ヶ月前からじゃないと予約受け付けてなかったのですが、今年は4ヶ月前から予約を取っていて、結局私は取れませんでした。まぁ、他のホテルに当たったら、何とか取れましたが。これが、5月上旬でした。なんだか年々予約バトルが早まってる気がします。

3年前、宿が取れなかった私は、日帰り2daysだったわけですが、非常に過酷でした。一日目(土曜でした)が終わって、恐ろしく疲労した体で、ほとんど午前様に帰宅。明日の準備を早く済ませ、お風呂入って寝る。次の日は5時半起きで、6時半過ぎには横浜に行かなくてはなりませんでした。想像以上の疲労で、睡眠は短く、バスに長時間揺られるというのは、フェスが始まる前から大疲労です。疲労抜け切ってないのに、新たなる疲労を生むことになります。もう、2日目は、ほとんどレイクから動けなかった。まぁ、フェスはあの雰囲気に惚れてるところはありますが、ライブも堪能したいじゃない。でも、体が言うことをきかないのです。疲労回復は最重要の課題です。まぁ、若くないからって言われてしまえばそれまでなんだけどさ。でも、若者でもきついと思うよ。正直、おすすめしません。地元民でない限りはね。だからこそ、宿の確保は一番最初にやりたいところです。
 
あと、私は買ったことないですが、駐車券もすぐ売り切れるらしい。これも、最初の段階で買ったほうがいいみたいですよ。500円くらいなら、迷うより買うほうがいいのでは?毎年、譲ってくださいって大量の書き込みを見ることを考えれば、500円も無駄になることはないですから。 
| Road to ROCK IN JAPN FESTIVAL | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
タイムテーブルを検討しよう。
今年も、最終追加アーティストとタイムテーブルが発表されました。ここで、チケ取りに走る方も結構いらっしゃると思います。まぁ、なるべく早めに。たとえ一般でも、発売日に買うくらいじゃないとダメですね。JTBのバスツアーを申し込まれる方は、その時一緒に買えるので、利用するのもいいかも?

タイムテーブルですが、おそらく、ほとんどの人が、何かしらライブの時間帯がかぶって困ってると思います。ステージも増えたので、なおさらです。DJブースでもライブ結構あるしね。しかし、ここであれもこれもと欲を出すと、結果的に中途半端になりなんだかなぁ〜な感じになるので、びしっと決めた方がいいです。ポイントをいくつか書いてみますね。

・無理な計画は立てない
全部見るなんて、物理的に無理です。レイクとグラスの移動時間は約徒歩15分。炎天下の中での移動は、思った以上に体力を奪います。移動時間も考えて予定を組みましょう。ライブを見ないで芝生でのんびりなんていうのもいいですよ。凄く気持ちいいですから。あと、ご飯もちゃんと食べましょう。食欲ない夏ですが、ちゃんと食べないとバテて、ライブどころじゃなくなりますよ。

・好きながかぶっていてもアーティストでも、どっちかに絞れ!
両方とも好きだから、こっち半分見て、それから移動してこっち半分見るなんていうのは結局は両方ともちゃんと見れないことになります。だったら、片方ちゃんと見るほうが断然いいです。まぁ、両方のアーティストをチラ見だけしたいって場合は、この限りではありませんが。

・無理してライブは見なくてもいいぞ!
うーん、別に見たいライブがないなと思ったら、それはそれでOK!フェスは、ライブを抜きにしても素敵な時間と空間があります。DJブースで踊りまくるもよし(むしろこっちメインの方も多数いらっしゃいます)、木陰で眠るもよし、屋台で飲みまくり食べまくりもよし、とにかく野外ということをめいいっぱい楽しみましょう。あんな広いところでダラダラ出来ることもめったにないですからね。観覧車も確か乗れるはずですよ。

| Road to ROCK IN JAPN FESTIVAL | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
タイムテーブルを検討しよう 実践編
具体例として、私のタイムテーブルを検討する過程?って言っちゃ言いすぎですが、私はこう考えて、こう決めた的なことを書いてみようと思います。一番悩む、3日目を例にとりますね。

8/7(sun)
GRASS STAGE
11:00〜 サンボマスター
12:20〜 エレファントカシマシ
13:40〜 銀杏BOYZ
15:00〜 奥田民生
16:20〜 ASIAN KUNG-FU GENERATION
17:40〜 坂本龍一
19:00〜 サザンオールスターズ

LAKE STAGE
10:40〜 ストレイテナー
11:50〜 Jackson vibe
13:00〜 スネオヘアー
14:10〜 マボロシ
15:20〜 曽我部恵一バンド
16:30〜 斉藤和義
17:40〜 GRAPEVINE
18:50〜 ELLEGARDEN

SOUND OF FOREST
11:20〜 RADWIMPS
12:30〜 つばき
13:40〜 HOLSTEIN
14:50〜 YUI
16:00〜 DEPAPEPE
17:10〜 The ピーズ
18:20〜 POLYSICS

見ておわかりだと思いますが、グラスとレイクでは、ライブの時間が違います。演奏も、グラスは1時間くらいなのに対して、レイクはライブが50分くらいです。まぁ、レイクは去年よりちょいと時間が多くなった気がしますが。セットチェンジが20分弱くらいです。まずそこを押さえてくださいまし。

朝、会場に到着すると、どのステージか近いかと言うと、レイクです。スタンディングゾーンとシートゾーンにわかれています。もしも、スタンディングゾーンの前の方で見たかったら、1時間以上早めに行かないとダメでしょうね。これはサウンドオブフォーレストもグラスもいっしょです。次に近いのが、サウンドオブフォーレストです。このステージは今年から新設されました。レイクの真横ちょい後方ですね。恐らく、レイクから5〜6分だと思われます。グラスは、サウンドオブフォーレストから更に歩くこと恐らく約10分のところにあるので、ギリギリに着くとダッシュがきかないのでご注意を。

まぁ、最初はとりあえず行きたいところに行くべし。
去年は、スタート時間は同じだったのですが、今年はそれぞれのステージの時間が違うので注意。
私はまず、レイクへ。テナーを見ます。去年のテナーよかったです。UNDERWORLDのカバーから始まって、えらくかっちょいいのを思えています。で、このままテナーを見るか、11:00からのサンボを見るかは悩むところ。当日考えます。そのままテナーを全部見ても、サンボは30分くらいは見れそうだしね。
お次は、サウンドオブフォーレストへ。つばきを見に行きます。ここのステージはまだ見たことがないので、どんな感じだか何とも言えませんが、位置からして、緑が多くて、さわさわ風が流れて素敵な感じでしょうね。お日様のしたのつばきもお初です。
で、ここで、スネオさんが13:00からということで悩みます。スネオさんは、AXで、なんなのさこのライブは!って言うのを見ているので、正直どうしてくれよう!って気持ちでいます。つばきをこのまま見続けるか、スネオさん雪辱してくれ!って感じか、まぁ、これも当日の判断ですね。

スネオさんの次のマボロシも見たいところですが、この辺で多分休みます。なんか食べないとね。体力あったら見るけど。
お昼って(もはやそんな時間ではないが)、ゆっくり食べたいんですよ。フェスはフェス飯も楽しみの一つです。JAPAN FESでお勧めは、地元のひたちなか市の方が出している、みなと屋さんです。採れたての野菜とか、魚とか、新鮮な食材でもってご飯を提供してくれます。焼き魚定食もあったんですね〜かと思えば、ほう葉ピザなんて変り種もありました。カクテルとかメロンの生ジュースなんかもありました。これがまた、おいしいんですよね〜他の屋台も、多国籍な感じで、色んなご飯があるので、色々と見て、悩むのもいとをかしです。外で食べるご飯はおいしいですしね。

15:00からグラスで民生さんです。去年は疲れて、民生さんのライブを聴きながらハングリーフィールドでご飯を食べていたので、今年はちゃんと見たいところです。しかしですね〜ここでもかぶり勃発です。15:20からレイクで曽我部さんです。民生さんか曽我部さんか選ばないといけません。ここで、次のバンドも見てみましょう。グラスの次のバンドはアジカン。レイクは斉藤和義さん。実はここもかぶってるんだよなぁ〜でも、選ばないといけません。で、私はアジカンを選びます。今のアジカンはとてもいいから。去年のフェスも凄く良かったんだよね〜それを考えると、やはり民生さんかな。まぁ、曽我部さんにも未練タラタラなんですけどね〜

アジカンを見た後も、かぶり勃発です。バインと教授。これはかなり痛い。坂本教授は滅多にライブが見られる人ではないし、ライブ自体見たことないですし。野外で坂本教授ってなんか素敵な気がしませんか?出演が決まったときは、絶対見ようと思ってました。しかしですよ、裏はバインなわけですよ。バインも見たいんですよ。バインの方が何度もライブ見てるし、見る機会も今後多いでしょうし。でも、バインが見たい気持ちが強いんですね。だって、西川さんいるしね〜(結局それかい!って突っ込みは禁止です。)あと、みんな教授に行っちゃうのもなんだかね〜私は行ってやらないと。って、勝手な母ゴコロ?ですかね〜去年はバインを選ばず、岡村ちゃん行っちゃったしね。でもね〜教授も見たいのさ。

そして、大トリもかぶり勃発です。もう、いい加減勘弁してくださいという感じですけど、仕方ないんですね〜
サザンとエルレ。うぁ〜サザンも見たかった。この人たちも滅多に拝める人たちではないので。
でもね〜ここはエルレかなぁ〜だって、去年のこのフェスで惚れこんだバンドですもの。リメンバー去年なわけですよ。あの時は炎天下な時間でしたが、今年はレイクの大トリなわけですよ。sunday is overなわけですよ。凄いじゃないですか!これは見届けたい!でもね〜サザンもかなり未練があるんだけれども。一応、私は神奈川県民なもんで。湘南地区も意外と近かったりするもんで。エルレ見終わって急いだら1曲くらいは聴けるかな?だといいな。

他に注意というか、知ってたらいいかも?ってことは、
ここでは、触れてませんが、DJブースもあるんです。ここもタイムテーブルがあります。ゲストDJがいたり、お笑いの方々のパフォーマンスもあったり、凄く楽しいです。だから、迷ったらここに行くのもありです。っていうか、ここメインで考える人もいますしね。
現に、去年のカウントダウンは私はサンボに行く予定が、あまりにもここが楽しくて、DJブースでカウントダウンをしました。だから、無理してライブを見る必要はないのです。私も、当日もしかするとDJブース行くかもしれないですし。民生さん終わって、アジカン始まるまでいる可能性は非常に高いです。2日目はDJブースでRYUKYUDISCOとRAMRIDER見ようと思ってますし。
あと、今年はどうなるかわかりませんが、レイクには入場規制というものがあります。サウンドオブフォーレストもあるみたいですね。今年はステージが3つとあって、分散するであろうと思うので、面子を見てもなさ気ですけど、過去何度かあるので、侮れません。これはちと規制かかるかも?と思ったら、ちょっと早めに行くことをお勧めします。ちなみに、私の記憶だと、かつてレイクで、ケツメイシ、民生さんが規制かかってました。

まぁ、色々書いてきましたが、この時間はあくまでも予定の時間であって、正確なものではありません。いつぞやののAIRみたいに機材トラブルとかで遅れることもあるし、おととしの岡村ちゃんみたいに恐ろしく早く終わるときもあるし。あと、以前のSUGER SOULの病気による欠席でRIPが登場したこともあるし。自分のその日の体調もあるしね。だから、臨機応変(私は苦手なんだけどさ)ってことも大切であることを肝に銘じておききましょう。でも、ベースのタイムテーブルは作っておいた方がいいです。
| Road to ROCK IN JAPN FESTIVAL | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
フェスの気になること色々 Q&A
適当に、ピックアップしました。果たして、役に立つがどうかはわかりませんが。まぁ、気になる人は読んでみてくださいまし。

Q フェスに行きたいのですが、バスツアーってどんな感じ?電車はどうですか?
A 私は、今まで全部バスで行っているので、電車のことはわかりません。しかし、バスの方がいいと思います。だって、会場直通だもん。電車だと、最寄の勝田駅または水戸駅からシャトルバスに乗らなきゃいけないでしょ?それ考えたら、最初からバスで行ったほうが断然楽です。座っていけるしね。まぁ、バスは着く駅が限定されているので、人によっては電車の方が便利という人もいらっしゃると思います。そこは自己判断で。
しかし、バスは、渋滞という敵がいるんですよ。だから、時間が確実ではないのがネックです。過去にお盆に開催されたため、帰省ラッシュと、しかも事故にまでまきこまれ、会場着いたのが12:30近くってことがありました。最初のライブが丸々見れなかったんです。まぁ、これは仕方ないと言えば仕方ないんですが・・それ以外は大体開演1時間前には着いてましたよ。
数時間バスに乗るので、ちゃんとサービスエリアでトイレ休憩もあります。そんなに時間的には長くはないですが、トイレの個数も多いので、そんなに待ちません。そこで、ついでに飲み物とかも調達できますし、ソフトクリームなんかも食べちゃったりして、小旅行気分もちゃっかり味わっていた私です。サービスエリアの食べ物って、結構美味しいんですよね〜
バスツアーも人気が高いので、早めに押さえたいところです。JTBのバスツアーは、色んな出発するので、自分の一番都合がいいところを申し込むといいですよ。でも、日帰りと宿泊込みしかコースがないのが残念だけどさ。片道はJRのバスだけなんですが、去年とか今年は東京駅の工事のため、片道バスもJTBから出ています。片道バスも早めに押さえてくださいね。

Q 友達と会場ではぐれてしまったら、何かいい手はないですか?
A 凄く広い会場なので、はぐれたときを想定して、どこか会う場所を決めていた方がいいと思います。会場図みたいなのは、HPとかで確認できると思うので、それを参考にするといいかも?できるだけわかりやすい場所の方がいいです。例えば、会場入り口の翼のゲートとか、レイクステージの入り口とか。グラスの方だったら、DJブースとかネットブースとか。ピンポイントでいった方がいいですね。人も多いですから。携帯で連絡を取り合うのもいいですが、時によっては電波が全然入らなかったり、メールとかも恐ろしく遅れたりするのでちょっと注意です。今年も人多いから携帯繋がらないかもよ?

Q 私は3日ともライブに行ける訳ではないので、チケ代お得な3日券とか2日券って、友達と一緒に使っていいんですか?
A ダメです。オフィシャルの注意事項よく読みましょうね。一人の使用のみ有効です。基本的には、一度つけると、あのリストバンドは取れないことになってるんで。まぁ、私は、ライブ終わったらはずしますけどね。そして、次の日またはめます。つけっぱなしって、気持ち悪いので。でも、誰かと一緒に使ったりはしませんよ。きちんとルールを守って、ライブに参戦しましょう。

Q 飲食ブースってどんなドリンクやご飯を売ってるんですか?
A 飲み物からがっつり系のご飯まで幅広く、しかも、多国籍な感じです。びっくりしましたもん最初は。
飲み物は、ビールとかお店によってはカクテルもあった気がします。ノンアルコール系は、ペットボトルが多いですね。まぁ、多少は料金が上乗せされてますが、仕方ないですね。カキ氷もガンガン販売してました。しかもバリエーションが豊富でしたよ。あの炎天下で食べると、頭がキーンとなっちゃうんですが、おいしいんですよね〜

食べ物系は、焼きそばとかお好み焼きとか、良くありがちなものから、ナン付きのカレーとか牛肉の串刺しとか本格派まで色々です。冷やしうどんがかなり早めに売り切れますね。やっぱり、暑いと冷たくてさっぱりしたものが欲しくなりますからね〜ここは、凄い行列になってました。あと、おすすめは、みなと屋さん。地元の方々の運営なさってる飲食スペースなのですが、ここでは焼き魚の定食とかお茶漬けとか、野菜の丸かじりとか、新鮮でおいしいのですよ。野外で食べるともっとおいしい感じもしますね。地元の方が、また気さくでいい方々なんですよ。すごく落ち着けていいところだなぁ〜と思いました。去年はメロンの生ジュースを飲みまくってました。ここで、友達と色々喋りするのもありだなと思います。こういうのもフェスの楽しみの一つだと思います。

Q グッツを買いたいんですが、早めに買った方がいいですか?
A 早めに買った方がいいです。物によりますが。アーティスト系のTシャツなんかはすぐ売り切れます。例をとると、バンプなんかは物凄い行列になってて、最初のライブは見れないぞ!位の覚悟が必要だったのではないでしょうか?他のアーティストでも、フェス限定とか、このフェスから売り出すものとかは大激戦です。あと、JAPANフェスのTシャツもすぐ売り切れますね。フェスのTシャツって、バリエーションが豊富なのですが、人気色とか人気デザインは本当に早く売り切れます。私は、あまりフェスでTシャツとか買わない人なんで、ライブに専念できてました。買っても、余裕で買えるパンフとかでしたね。

Q グラスとレイクの往復って、何度もやるとやっぱりきついですよね?
A ええ、きついですよ。ただでさえ、炎天下で体力奪われてるのに、片道15分かけて移動ですからね。まぁ、見たいライブのためなら頑張れますけど。でも、個人的には頑張れずに、レイクにとどまったこともありますけどね。だから、自分のスケジュールはその辺も考えて、無理してライブ見ないで休んでいるのも一つの選択です。涼しげな木陰の芝生の上で寝てると、凄く気持ちいいんです。すやすや眠れるんですよね〜風の音とか虫の声とか聞こえるんですよ。自然の中にいるなぁ〜って確認できます。変な言い方ですけどね。普段の生活では触れることのできない感覚があるんです。
あとは、シーサイドトレインを使って移動って手もあります。あれは、確か片道100円だったはず。疲れてるときには、本当に助かります。でも、スピードは速くはないので、のんびりしたいときに乗ったほうがいいですよ。行列できるので、1本見送りとかはざらにありますから。

Q トイレってやっぱり行列になってますか?テッシュは多めに持っていった方がいいですか?
A まぁ、あれだけ人数が多いとなりますね。でも、JAPAN FESって、トイレが凄く多いんです。だから、思ったよりは待ち時間少ないと思います。下手したら、普通のライブのときの方が長いかも?仮設トイレが、うりゃぁ〜ってくらいに真一文字に並んでるんですよ。あっぱれです。よく、鹿野さんが(もう辞めちゃったけど、JAPANの編集長だった方です。)トイレの数には力を入れていた旨コメントしてましたけどね。本当にありがたかったです。トイレ待ちでライブ見れないなんて最悪ですもん。我慢してて体調悪くなるのもね。その辺は凄く考えてくださってると思います。しかも、ちゃんと見回りとかもしてくださっていて、紙が切れるのもあまりなかったし、綺麗でしたしね。トイレには、公園に常設のものと、仮設があるんですが、一応両方とも水洗だったはず。紙もちゃんとありました。でも、一応持参した方がいいと思います。あと、凄く気配りされてるなぁ〜と思ったのが、水道のあるところに、鏡が置かれていたんですよ。これは、素晴らしいと思いました。洗面所が混んでいても、ここで代用できますから混雑が緩和されてました。こういう心遣いって本当に嬉しいです。スタッフの皆様ありがとう!

Q クロークって、どんな感じですか?
A 私は使ったことがないのですが、形式としては、1000円で荷物を入れる袋を買って、その中に荷物を入れてクロークに預けます。取り出すときは、確か番号か何かで管理されてるはずなのでその番号を元にやり取りするみたいですよ。で、何度でも出し入れ自由だそうです。イメージ的には、デカいハコでスタンディングのライブやるときに良く使われるやり方かと。カウントダウンの時はそうでした。恐らく同じだと思います。すみません、はっきりしたことがかけなくて。これはJAPANのHPとかでアナウンスされると思うので、チェックしてください。まぁ、今年も同じかとは思いますけどね。

Q フェスって、よくアーティストが普通に歩いてるって聞きますが、そうなんですか?
A そうですね。結構普通に歩いてますね。私は、くるりの岸田君と、キリンジの弟と、バインのリーダーしか見たことないですが。バインのリーダーは色んなファンにおかっかけられて、大変そうでしたけどね。でも、律儀に握手してあげていたリーダーはいい人だなと思いました。まぁ、こんな風にちょっとした騒ぎになっちゃいますけど、私は、あっ!いるよ!くらいに思い、ライブの方に集中しますけどね。彼らも、ライブを見に来てるわけだし、そっと見守った方がいいのでは?と思いますよ。まぁ、タイミングがよければ握手でも出来るといいですね。でも、アーティストを撮るのは禁止されてるはずなので、お気をつけて。でも、その辺歩いてるときだったら、本人の許可があればいいのかもしれないですが・・・でも、やめた方がいいと思いますよ。それより、フェスを楽しむべきだと思います。

Q 羽織るものをもってこいって言われてるけど、なんで真夏なのに持っていかなきゃなんないの?
A そう思うでしょ?でもね、これが重要なんだよね。真夏でも、夜になるとあそこは寒くなるんだよね。いつだったかは、天候が急変して、本当に寒かったんだよね。長袖着ても寒いくらいだったもん。あの天気は天気予報でも出てないしね。だから、どんなに晴れてても持っていくべきです。いらないなぁ〜と思っても、何があるかわからないので、騙されたと思って持っていけ!あと、雨も降る可能性もあるので、雨具も忘れずにね。雨も不意打ちで降ったりしますから。天気予報を信じるな!

Q チケット売り切れちゃった。どうしよう。
A 今年は先行でも取れないという異常事態が起きているので、もう、これは、徹底的に探すしかないです。オフィシャルのHPにチケットの発売元がかかれてます。そこに在庫があるか確認。それでもなければ、発売日の一週間後に、ぴあとかローソンとかではキャンセルが放出されるのでそこを確認。穴場としては、JTB。大概ここにあることが多いです。初めてソールドアウトが出たときにも、ここにはありましたし。でも、今年はJTBも怪しいですが。
それでもなければ、チケBBSでも譲りますって書き込みを確認することです。時間と労力が必要になりますが、先行で取らなかったから仕方ないです。次回は先行で取ることをおすすめします。
今年は、当日券が出ないとアナウンスされているので、絶対事前に確保しなくてはなりません。それでも、行きたいなら、とにかく最後まで諦めんな!
| Road to ROCK IN JAPN FESTIVAL | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |